秋田県農林水産部畜産振興課公式メディア

レシピ紹介

18.02.14

みんな大好き。比内地鶏つけ蕎麦

non

比内地鶏の肉と皮の旨味と食感、そして濃厚な鶏だしの味わい。
どちらも一度に堪能できる一品を作りました。

家庭でも簡単に作りやすく材料もシンプル。
みんなが大好きなお蕎麦とともにいただきます。

比内地鶏は煮込む前に皮目をパリッと焼くのがポイントです。

また鶏から出た脂でお葱を焼いて下さいね。
うまみ脂の効果でグンと美味しくなりますよ。

材料(2人分)

比内地鶏もも肉一枚(250g程度)1~1.5㎝ほどにスライス
白葱1本~1本半(3~4cmに切りそろえる)
青葱数本(3~4cm長の斜め切り)
乾蕎麦時間通り茹でて冷水でしめる
柚子皮千切り少々
(A)基本だし(食塩無添加の市販品でも可)400cc
(A)かき醤油(普通の濃口醤油でも可)70cc
(A)砂糖大さじ1と1/3
(A)みりん大さじ1
(A)酒小さじ1
基本だしの材料
(市販品を使用しない場合必要になります)
昆布(10cm角)、花かつお20g、水400cc

つくり方

  1. 基本だしを作ります。
    <基本だしの取り方>
    水1000cc
    昆布10×10
    花かつお20g
    ①水に昆布を入れて火にかける。
    ②煮立つ直前にかつおを加え火をとめてしばらく置き
    かつおが沈んだらザルでこす。
  2.  つけ出汁を作ります。
    ①比内地鶏を皮目から焼き一度取り出す。
    ②鶏を焼いたフライパンで白葱に焦げ目がつくまで焼く。
    ③鍋に基本だしと①を入れて煮込み灰汁をとる。
    ④③にAの調味料を加え少し煮た後 青ネギを入れ火をとめる。
    ⑤お蕎麦はつけ汁が完成するまでに茹でて冷水で丁寧に洗いしめておく。
    ⑥温めておいた器に つけ出汁を盛り柚子を添えれば完成です。
    ⑦お好みで粉山椒や七味などをどうぞ。