秋田県農林水産部畜産振興課公式メディア

レシピ紹介

17.12.29

比内地鶏の洋風だし

比内地鶏のがらを使った洋風だしです。料理に加えると美味しさがぐーんととアップ!

塩を加えるだけでもとても味わい深いスープになります。

材料(2人分)

比内地鶏がら1羽分
(A)ローリエ1枚
(A)タイム1枝
(A)パセリ茎1本分
(B)玉ねぎ(根を落とす)1/2個
(B)にんじん(6等分に切る)1/2本
(B)粒こしょう5粒
(B)塩少々

つくり方

  1. 比内地鶏がらは水洗いし、血合いなどを流す。(あばら内側に血合いなどが残っていることが多い。指でこすって洗い流す)
  2. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、1を入れて1分ゆで、流水で取り残した汚れを洗い流す。骨を適当な大きさに切る。
  3. 鍋に水4Lと2のがらとAを入れ、強火にかける。沸騰直前になったら火を弱め、アクを取る。(沸騰直前にたくさんアクが浮いてくる)
  4. Bを入れ、グラグラさせない火加減で約3時間蓋をしないで加熱する。途中、アクは丁寧に取る。漉して野菜とがらを取り除く。(冷めてから漉すと鶏脂が固まってしまうので熱いうちに)
  5. ※使いきれない分は、冷めてから製氷皿に入れて凍らせてから冷凍用保存袋に入れるか、密閉容器に使う分量ごとに入れて冷凍する。
    (冷凍する際は、上に浮いた脂とスープを別にして保存をすると味が落ちにくい)※漉した後の玉ねぎとにんじんはポタージュスープなどに使えます。