秋田県農林水産部畜産振興課公式メディア

レシピ紹介

17.12.29

比内地鶏の猟師風

出汁と脂が格段に美味しい比内地鶏。この特徴ある美味しさを存分に楽しめるお料理を考えてみました。

がらで取った出汁と香り良い焼き脂のうま味をトマトやビネガーのまろやかな酸味が引き立てます。

材料にある「比内地鶏の洋風だし」はこちらの記事を参照してください。

材料(2人分)

比内地鶏(モモ肉)1枚
塩・粗びき黒こしょう・薄力粉適量
オリーブオイル大さじ1
ローズマリー1枝
(A)にんじん・玉ねぎ・セロリ(すべてみじん切り)各大さじ2
(A)ベーコン(みじん切り)1/2枚分
(A)にんにく(みじん切り)1片分
(B)玉ねぎ(薄切り)小1/4個分
(B)白ワイン大さじ2
(B)白ワインビネガー大さじ1
(B)トマトペースト大さじ1
(B)比内地鶏の洋風だし1カップ
黒オリーブ(種抜き・輪切り)適量
マッシュポテト・ベビーリーフ・飾り用ロー適量

つくり方

  1. 比内地鶏は筋を切り、一口大に切る。塩、こしょうをふって薄力粉を薄くまぶす。
  2. フライパンにオリーブ油とローズマリーを入れ、1の皮目を下に入れて弱めの中火にかける。皮目にしっかりと焼き色が付いたらひっくり返し、さっと加熱する。肉の色が変わったら、ローズマリーをフライパンに残して鶏肉を取り出しアルミホイルに包んでおく。
  3. 2のフライパンの脂を大さじ1ほど残してAを入れ、弱火で炒める。しんなりしてきたら、Bを入れ、アルコールを飛ばしながら中火で加熱する。
  4. 汁気が1/3量になったら2を戻し入れて(汁気があればすべて)弱めの中火で火が通るまでからめながら煮詰める。味をみて、足りないようであれば塩、粗びき黒こしょうをふる。
  5. 器に、マッシュポテト、ベビーリーフ、4を盛る。黒オリーブをちらし、ローズマリーを添える。