秋田県農林水産部畜産振興課公式メディア

レシピ紹介

17.12.29

比内地鶏八方蒸し

高級食材として、料亭や特別なレストランでしか食べられないと思っている比内地鶏。

簡単・時短で調理出来れば、家庭でたっぷり堪能できます。レンジで蒸して、お鍋一つであんを煮るだけのレシピを考案しました。

家庭料理のメニューに入れてく下さい。比内地鶏のグルタミン酸とイノシン酸の旨みを餡にしました。

一人ずつでも出来るのも嬉しいところ。頑張っている家族にも自分にもご褒美料理です。

材料(4人分)

比内地鶏(もも・むね・ささみ)200g
舞茸1袋
絹ごし豆腐200g
餅(2個に切る)2個
小松菜(4㎝に切る)4株
2個
にんじん1本
三つ葉1株

つくり方

舞茸は3/4はほぐし、1/4は粗みじんにしておきましょう。

  1. にんじんを5ミリ厚さに切り、もみじ型で抜き、水大2を加えてラップしてレンジ2~3分かける。舞茸1/4を粗みじんに切り、比内地鶏に酒大1と舞茸でマリネしておく(比内地鶏が柔らかくなる)
  2. 豆腐を8個に切り、器4つに2個づつ入れる。ボウルに卵を割り(白だし大1・酒大さじ2・醤油小1・片栗粉小1)を混ぜ、1/4づつ入れる。餅と小松菜を入れて、ラップしてレンジ1分半かける。
  3. 鍋に(水200㏄・白だし大1・みりん大2・酒小2・醤油大1.5・削りかつおをだし1パック)を煮立て、比内地鶏と舞茸を入れて煮る。仕上げに3/4の 舞茸もさっと煮る。しょうが汁小2加えて、水溶き片栗粉(片栗粉大1+水大2で溶く)を加えて煮、とろみをつける。①の上にかける。具材を彩りよく飾り三つ葉をのせる。